スカートの中はケダモノでした。 漫画 無料 ネタバレ 14巻 42話 【すごく慌てる涼が気になる静歌】

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!
[コミックシーモア]【9月】【TL】スカートの中はケダモノでした。

 

 

 

こんにちは!ミカです(*^^*)

 

 

 

スカートの中はケダモノでした。14巻42話を読んだネタバレ感想を書いていきます(^-^)ゝ

スカートの中はケダモノでした。

 

 

前回のネタバレはこちらからどうぞ!

スカートの中はケダモノでした。 漫画 無料 ネタバレ 14巻 41話 【涼さん…キスしたい】

2017.07.24

 

 

スカートの中はケダモノでした。14巻42話を読んだネタバレ

 

 

スカートの中はゲタモノでした。の第四十一話の最後のシーンが、

 

 

 

元気のなかった涼が、いつもの涼に戻り安心する静歌のシーンで終わりました(°▽°)

 

 

 

第四十二話、涼の元気のなかった本当の理由が早く知りたいです。

 

 

 

ベトベトになった体を洗う為に二人はお風呂に行きます。

 

 

 

そんな時、涼の携帯に着信が入りました。

 

 

 

電話は知らない番号でした。

 

 

 

涼が電話に出ると「涼ちゃん久しぶり。」と女の人の声でした。

 

 

 

ビクッとして何も言わない涼に「ちょっと何か反応しなさいよ」と電話の相手は言います。

 

 

 

すごく慌てる涼が気になる静歌です(”;)

 

 

 

電話を切った涼は静歌に「ごめん。急用が出来たからお菓子食べれない。本当にごめんね。」と言って帰っていきます。

 

 

 

涼が自宅に帰るとそこには倉谷君のバイト先のオーナーの姿がありました。

 

 

 

オーナーは「疎遠になってた弟が、昔みたいに女の子になってくれたなんて」と言います。

 

 

 

「何いってるの?」と言う涼にオーナーは「とぼけるなよ。女物がこんなに沢山」と言います。

 

 

 

そして、オーナーは女装して静歌と食事する涼の写真を出します。

 

 

 

「いい加減認めなよ。あんたは昔から女装が好きなんだよ」とオーナーは言います。

 

 

 

涼は「生活するために必要だから」と言います。

 

 

 

すると、オーナーは「それより気になる事があるんだよね。察するに恋人なんだろうけど女装を許せる女なんて都合良すぎじゃない?」と言います。

 

 

 

「おい。なに考えてるんだ」と言う涼。

 

 

 

「お姉ちゃんがまた涼を弄ぶ女を片付けてあげるから」と言うオーナーです。

 

 

 

ここで、第四十二話が終わりました((((;゜Д゜)))

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!
[コミックシーモア]【9月】【TL】スカートの中はケダモノでした。

 

 

 

『スカートの中はケダモノでした。』を読むなら、電子コミックサイトがおすすめです

 

 

 

この漫画は内容がちょっとエッチなので人前で読むのは少し恥ずかしいと思います。

 

 

 

その点、電子コミックならスマホやタブレット・PCで、人の目を気にせず自分の好きな時に好きな場所で読むことが出来ますし。

 

 

 

一度買ったコミックは使用する端末でいつでも読み返すことが出来るので便利です(^-^)ゝ

 

 

 

無料の試し読みページが用意されているのも嬉しいポイントですね。本屋の店員さんの目を気にしたりもせず、ゆっくり立ち読みできちゃいます。

 

 

 

電子コミックは使ったことがない!という人は一度、試してみてはどうでしょう!きっと便利だと思いますよ!

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!
[コミックシーモア]【9月】【TL】スカートの中はケダモノでした。

 

 

続きのネタバレはこちらからどうぞ!

スカートの中はケダモノでした。 漫画 無料 ネタバレ 15巻 43話 【涼さんにとって、もっといい彼女になりたい】

2017.07.24